ブエノスアイレス御挨拶その3 gracias maestra de creatividad

f0120349_18571941.jpg多くの素晴らしいアルゼンチンの芸術を育み、背負ってきた皆様に導かれ、アドバイスを頂いて積み重ねる日々。舞台制作における舞踊の基本、バレエレッスンから振付、そして制作におけるオーガナイズと日々の心得に至るまで、本当に多くの貴重な機会だけでなく、日常の楽しい日々を共に過ごしたリリアーナ先生に再会。2001年に御会いしてから早いもので16年。
f0120349_18592033.jpg
f0120349_19301551.jpg先生のレッスンが行われているスタジオに伺うと、たまたまアシスタント・フェルナンド君の誕生日でした。再会と共に即興で誕生会を開催、思い出を振り返りつつ御報告に至り、先生と積み重ねてきた数多くの日々の楽しさ、面白さ、、あらためてブエノスアイレスでの特別な日々が、どれだけかけがえがなかったか、メキシコで2年すごした後にシミジミ気が付きます。

f0120349_19003394.jpg同じく大女優Edda DiazさんとSalvadorさんとの再会。お二人とは小学校で子供達に特別公演をお届けする機会もあり、日常ではマリオも御宅に滞在、他カメラマンとして同行させて頂いたことから、舞台制作における創造的な機会を舞台裏から本番に至るまで拝見させて頂いて、その激しさ、厳しさ、、に一喜一憂。どんなに成功を成し遂げても、良い時もあれば難しい時もある・・成功を成し遂げた、既に歴史を築いた方々の佇まいや日常に参加させて頂くブエノスアイレスの濃厚な日々。そんな皆様と再会、御報告に至りフト我に返りました。

f0120349_19262399.jpg「終了ではなく、完成だった」

本当の終了に欠けていることを心に刻むメキシコに戻るまでの日々・・To be continued

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-10-09 18:49 | 想い

ブエノスアイレス御挨拶その2 Antena del Mundo para siempre !

f0120349_18440258.jpg15年近くに渡る滞在の家財道具の断捨離は非常に難しく、何より膨れ上がる資料を捨てるのは簡単ですが、一度捨てたら取り戻せません。ドキュメンタリーとして前に進むために必要な過去がある・・そんなことをシミジミ思う今日のラジオ出演。2002年にロックバンドPasado Violento解散ライブはTrastiendaというポピュラー音楽の聖地で行われました。メンバーの中心人物がスペインへ渡る事になり、メンバー間の確執も含めて継続不可。その日に同じ特別ゲストで呼ばれたメンバーLimonn Garciaさんが、自身の新作・初ソロ作品の紹介でいらしていました。
f0120349_18473525.jpg
驚くべきことにタンゴに携わっておられ、様々な事情と意向でロックミュージシャンの多くがタンゴに転向されていますが、番組で放送された新作にビックリ。素晴らしい歌声と社会的なメッセージも素晴らしく、本物の存在感に大いに刺激を受けました。創られるものや表現、全てに感じる重み。20年前にブエノスアイレスに移住した時の初心を思い出し・・昨日に引き続き再び反省の一時。この日は緊急ゲストの立場だったので、話をする機会も音楽も最小限だったのですが、皆さんの勢いを目の当たりする中で汗・・
f0120349_18453353.jpg
f0120349_18495592.jpgそんな夜・・この日はマリオの誕生日ということもあって、マリオが滞在している大家さんの御宅でアサードを御馳走になりました。 御食事中にフト届いたのは某フェスティバルからの前向きな御返事・・御家族の方に御報告、喜んで下さいました。実に不思議な流れなのですが、再会を重ねるごとに我に返り、そして道が定まっていくような・・

新たなブエノスアイレスの日々に導かれています。

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-10-08 18:42 | 想い

御挨拶その1 Saludo atentamente Botica del Angel

f0120349_16072294.jpg親しい方との再会でホっとして、長旅の疲れがドーンと出たユックリめな2日目。再びコリエンテス通りを歩きながら多くの変化を見届けています。変化を目の当たりにすればするほど慣れ親しんだものの元に向かいたくなる・・まさにソンナ郷愁の聖地・メキシコに出発する前にアルゼンチン最終公演を行ったBotica del Angelへ御挨拶。

f0120349_16113489.jpg今は亡きベルガラレウマンさんの聖地は引き続き古き良き芸術と新着のチャレンジで輝いていました。メキシコ出発前に最終インタビューをしてくださった、名アナウンサーMaria Ester Sanchezさんが2人のアナウンサーと共にアナウンス物語と共にタンゴを歌う、、という画期的な取り組み。3人のベテランアナウンサーの舞台での会話はプロフェッショナルな発声で非常に明確に聞き取れます。ブエノスアイレスではラジオ劇場が御馴染みですが、まさにそのような響きにアナウンサー自身が歌うという、、 表現豊かで明解、本当に楽しく感動的な一時。
f0120349_16085993.jpg
f0120349_16101162.jpg親しいスタッフの皆さんに交じって、大盛況の今夜は若干お手伝いもしつつ・・文化施設オーガナイズで勤務するベテランの2人の佇まいに接して、今は亡きベルガラレウマンさんの偉業は現在進行形ということをシミジミ・・。2002年、初めてベルガラさんの元で発表した踊るチャランゴ、、15年後の終了を誰よりも伝えたかった・・ 始まりの一押し、ありがとうございました。

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-10-07 16:03 | 想い

ブエノスアイレス到着 llegada primer dia en Buenos Aires

f0120349_13391663.jpg早朝4時にお迎えの車が来て下さって真っ暗な山道を飛行場へ。ホテルは朝食を持たせて下さって至れり尽くせりのおもてなし、、チリLos AndesのEnyoy Hotelはスパに力を入れているだけあって真心のこもったさすがな対応でした。高級で上から目線のホテルも数多くある中で感動的な一時でした。

f0120349_13422188.jpg今度こその出発に向けて21ゲートに向かうもカナリ遠い場所で、やっとの思いで到着。ふと御客様が到着して即、怒って立ち上がる姿を見て、なんとなく気になって掲示板を確認すると、21から6ゲートに変更になっていました。驚くべきことに端から端への移動となり、、またしても「どうしてこうなるの」状態。油断大敵・・ 飛行機が飛ぶまでは決して気を許してはいけません。

f0120349_13445602.jpg気になるスーツケースのピックアップも然り。最後の一つまで結局、荷物は出てこない状況で「またしても」と思いきや、、「荷物が出てこなかったんですけど」・・「この荷物は昨日すでに届いています」なんと倉庫に保管されていました。どうして出発時に御案内できないのでしょう・・長時間ピックアップの荷物がなくなるまで待つ必要はなかったのに・・LATAM航空おそるべし。

f0120349_13465260.jpgそうして48時間後に到着したブエノスアイレス。久しぶりの景色も疲労でイマヒトツ実感がわかない、、以前よりも小奇麗で整った美しさ、、見慣れないバスが走っているし、、メキシコで御馴染みの貸自転車の設備も見られます。どこか安心できる佇まい、、というか、何かが変わった。

f0120349_13483935.jpgそんな背景と裏話も含め皆さんに伺いつつ、早速の再会と手続きを重ねる初日となりました。街を歩けばバッタリ、音楽記者のディエゴさん。彼とは13年前コスキンフェスティバルの取材で共に文化担当記者としてデビュー。彼の真心な取材の姿勢に何時も心打たれています。以前、通っていたボクシングジムの前で御会いできた奇跡。ブエノスアイレスは大きな街ですが、周波数が一致すると自然にできる不思議な街。

f0120349_13520462.jpgたまたま通りかかった時計修理の店主は東洋系の方で、日本人の方? と思いきや中国の方で。とにかく店頭で丁寧に時計を修理されている姿を見て、壊れている父の形見・時計の修理をお願いしてみました。メキシコでは「直すことができない・・」とキッパリ言われていたものを、ものの5分でスッカリ直して下さって、魔法使いのようなホルヘさんに感謝。

f0120349_13560023.jpg
早速、夜は再会フィエスタ。マリオの大好きな大家さん一家の御宅にてマリオと再会。尚一層、御家族と馴染んで幸せそうでした。 生まれたばかりのお孫さんは非常に鋭い耳を持っていて、好きな音楽への集中力が半端ではなく、将来が楽しみ。このお孫さんを中心に御家族が揃って成長されており、家族の絆と「和」が新しい命を通じてコンナニも素敵になるのですね。まさに天使そのもの・・ 2年という時の流れと様々な変化を目の当たりにする日々が始まりました。

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-10-06 13:34 | 発見

到着不可 todavia no llegamo..

f0120349_13584583.jpg本来なら、この日の早朝6時に到着して、午前中に大家さんの抑えてくださる部屋に入り、多くの再会と手続きを重ねているはずだったのですが・・なんと「パイロットのストライキ」でAviancaからLatamの便となり、安心していたのは束の間。今度はLatam飛行機の技術トラブルで修理と調整が行われ、夜7時出発は深夜12時となりました。その間に面白いアメリカ人の女性と交流、それなりに楽しく過ごしつつ、一抹の不安・・出発が遅れる事で「乗り継ぎ」はどうなるんでしょうか・・

f0120349_14032579.jpgやっとの思いで昼すぎにチリに到着。 予定の乗り継ぎ早朝6時に出発しているので、新たな便を探さなければいけません。 とはいえ大型ジャンボに乗ってきた大部分の方が乗り継ぎのため、競争率が激しく、怒らせたら面倒な高齢の紳士や、打ち合わせ等の予定を抱えているビジネスマンから早い時間の便を提供、ツーリストと思われた東洋系は後回しに・・「4時にコチラでおしらせします」と全く予定不明のまま・・ 4時に受付に戻ると案の定「今日は便がありません」(本当はあったくせに・・保留にしてうまく穴埋めしたんでしょう?) チョット厳しめの表情で「暇なツーリストだと思っていると思うのですが、報道に携わっているんですけど」 携帯に保存してあったプレス手続きの書類をチラリ・・

f0120349_14052761.jpg即なにやらカードを渡され「このカードで好きなものを食べてきてください、その間にホテルなどの手配を済ませておきますので・・」 ションボリしつつ美味しいラダを食べて元気復活。気を取り直して受付に戻ると、翌日1番の航空券が準備されていて、ホテルと車、全ての手配が済んでいました。 確か5分ほどの最寄りの場所と言っていた気がするのですが、何時までたってもつきません・・50分ほどかかったでしょうか。トンネルを抜け、壮大な山々が広がる景色、同じ場所に向かう方がもう一人いらしたので安心していましたが、(一人だったら誘拐だと思える距離、場所、、)高台に素敵なホテルが突然現れ、カジノとスパ施設を持つ高級ホテルの模様。
f0120349_14071487.jpg

f0120349_14075983.jpg
まるで映画「プリティウーマン」の世界。トイレが6畳以上あって、真ん中にバスタブが・・お風呂にユックリつかりたいと思っていたので・・早速、水をためて泳ぎました。窓から見える景色は絵画のよう・・心地よいベットでゴロンゴロン・・スッカリ遊戯施設として楽しませて頂いています。受付の方の対応も完璧、ただいま大きな大きなテレビでFIFAワールドカップ予選を観戦中。

明日には到着できる・・と思います。

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-10-05 13:41 | 驚き

出発物語 historia de salida

f0120349_06183038.jpg5月帰省以来の飛行場にて・・再びフライト物語が到来。今回はマタ新しい形で「パイロットのストライキでフライトキャンセル」 今日は久しぶりのアルゼンチンへの飛行で張り切りすぎてカナリ早めに飛行場にきていたのですが、幸い別の飛行機会社に変更して頂いて出発はできることになったものの、14時出発が20時となり飛行場で6時間待ちとなりました。ただ乗り継ぎが良い便なので到着時間は3時間程の違いになりました。 前回の「乗継が1カ月後に予約されていたフライト事件」に叶うものはないと思いますが、それにしてもスムーズにいかない渡航の数々・・

f0120349_06270875.jpgただ航空会社から御食事チケットを頂いて、こうして美味しい食事をしながらユッタリと更新などもしながら過ごすことができています。 それより出発直前に我が家の天井が落下する可能性が発覚、、地震の影響もあるかもしれませんが、それ以上に大家さんが増築している工事の振動の方が大きい、、と思われ、帰国したら即、新しい場所を探さなければ・・ 地震の影響は他人事ではなく、いつ我が身にふりかかってもおかしくない、、そしてこのフライトキャンセルとダブルな衝撃。決して日々はスムーズでも簡単でもなく、突然いろいろなことが起こり続けるので、前向きに一日一生、全力で満喫するのみ。
f0120349_06284486.jpg
f0120349_06294891.jpgそんな全力で飛んで、落ちては沈んでうずくまる、少し頼りない気弱なハチドリPACHUの移動が成功。心友の御宅で満足気に過ごしています。心友も小さく大きな存在感の甘えん坊PACHUがトテモ気に入った模様。またマリオのように我が家以上にコチラが気に入って、そのまま住み続けてしまいそうな・・ なにはともあれ、様々な場所に滞在するのは成長の機会になるので、帰国後の再会が楽しみです。

出発まで後4時間。ボゴタ経由がチリ経由になりました。明日は何事もなかったようにブエノスアイレスの街を歩いているのだろうか・・ 1カ月マテ茶を切らしていたので、まず誰かと一緒にマテ茶を飲みたいものです。

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-10-04 06:13 | 驚き

再び銃の恐怖 nuevamente deseo de todos sin arma de fuego

f0120349_15354340.jpg1968年のオリンピック前に起こったTlatelolco事件から49年。毎年、大きなデモ行進が怒るため今日は歴史的な名所に板などが敷き詰められていました。残念ながらデモ行進と共に行動を逸した落書き行為などを防ぐため・・メキシコの名所を守るための設置。未だ完全な解決がされていない事件から来年は50年を迎えるための様々な準備が行われています。銃弾に倒れた多くの学生の記憶。
f0120349_15335784.jpg
そんな今日の朝、ラジオから耳を疑う事件の報道が・・ラスベガスで銃乱射、コンサート会場に最寄りのホテルから機関銃を雨のように降らせたとのこと。恐ろしする想像を絶する状況。ホテルに機関銃を持ち込んでも、持ち物検査のない場所だけに誰も気が付かない、、今後はホテルも所持品の検査など厳しくなるのかもしれません。何度も問われている「銃の規制」を行うことのできない理由があるとしたら、銃を販売する業者、そしてアメリカの銃文化の維持。闘牛を辞めることができないスペインのように、文化としての銃の存在。 こういうことが起こる度、喜納正吉さんの「全ての武器を楽器に」を思い出します。
f0120349_15403168.jpg
昨年、文化施設で開催された平和授業の一つで描いた夢。
世界中の武器をなくなる日、麻薬がなくなる日、貧困がなくなる日。
そのために日々なにができるだろう・・
f0120349_15422850.jpg
今日ふと気が付いたのですが、地震前にいなくなっていた犬達が再び街に戻ってきていました。少しホッとできた瞬間でした。

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-10-02 15:19 | 驚き

障害を持ったハチドリかも・・ colibri con la discapasidad

f0120349_01142813.jpg御在宅はちどり様の旅立ちの準備を進めていて、いつもとまっているところにいないのでどうしたかと思えば・・扉のスグ傍に静かにうずくまっていました。どうも飛び損ね落ちた模様・・そこから自分で飛ばないと自然界では生きていけません。暫く待ちましたが全く動く様子がないので手を差し伸べると・・即、のってきました。

f0120349_01154916.jpg友人がみつけたときも「うずくまって動かなかった」と言っていました・・ もしかすると障害をもっているのかもしれない・・サポートの必要なハチドリ? インターネットで検索してみると赤ちゃんハチドリを拾って育てたビデオがありました。まさに我が家のハチドリと同じ状況。ビデオでは結局とびたつどころか戻ってきてしまう・・という結末ですが、、

f0120349_01183775.jpg近々海外に渡航する前に旅立ちを・・と思っていたのですが、メキシコの心友におねがいすることにしました。動物を愛する心友はトテモ喜んでくれて、引っ越しの手配も完了。思えばアマゾンインコの相棒マリオも同じでした。彼も飛びたくないとしがみついて離れなかった・・後にマリオを主人公とした映画が完成。テレビにも登場するスターとなり現在は最愛のHugoさん一家と幸せに暮らしています。

ということは次の映画は・・ハチドリPachu ? 

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-09-29 01:07 | 驚き

メキシコリーグ再開 vuelve Liga Mx

f0120349_20301834.jpg歴史的な歓喜を目の当たりにする機会。地震のために延期されていたメキシコリーグ11節が開催されました。会場ではメキシコの名曲がBGM Mexico lindo querido が何度も流されていて観客の方々もシミジミとした表情で開幕を待つ様子に心打たれました。とはいえフト我に返る緊急事態の際のシュミレーションとして電気が消され、会場に避難経路の指示なども何度も放送され、きっと今後しばらくは欠かせない、万が一の時の覚悟も心に刻みつつ・・
f0120349_20340610.jpg

夜遅めの21時開催の会場には平日にも関わらず、ほぼ満席に近い状態。パチューカの対戦相手クルスアスルの観客で埋まっていて、まるでアウェイのような、、スーパーでも必ずクルスアスルのボールが置いてあったことを思いだし、人気の高さを実感しました。アメリカ、チーバス、クルスアスルはホームを超え何処にでもファンの滞在するチームのようです。ただパチューカのファンはどちらかというと一般市民的な佇まいで、ユニフォームなどを着ていない方も多く、きっとこの日はサッカーファンを超え気分転換も兼ねた形での入場客も多かったのかもしれません。
f0120349_20281299.jpg

f0120349_20374314.jpg選手は対戦相手と交互になって入場。メキシコ一同がチームを超え共に頑張るメッセ―ジ HOY MAS UNIDOS QUE NUNCA の前で揃って握りこぶしをあげ、その間に会場にメキシコの旗が広がりました。観客のコラボレートにより旗の下に埋まった観客が歌った名曲Cielito Lindo は一生忘れられないと思います、、「泣かないで、歌って、素敵な空が喜んでくれるから」 そして国歌斉唱。これから長い復興への道を皆でサポートを御約束。それぞれが多くの想いを抱えて滞在、コレホドこの会場で大きな歓声は聞いたことがなかった・・

f0120349_20475541.jpg試合の結果はコチラに・・
日刊スポーツ「本田が2得点目」 
本田選手もゴールを決めパチューカ4-0で圧勝。

勝ち負けよりも心から楽しんで満喫して帰る御客様の表情が印象的でした。

佐野まり
http://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-09-27 20:24 | 感動

メキシコ地震1週間経過 comienza reconstruccion hacia normalidad

f0120349_14192273.jpg再びコンデサへ心友の御宅にて荷物を運び出し作戦。壁がバリバリに割れていて、心友曰く正に振り子のようにブンブンと揺れ、なにかに掴まっていないとふっとばされるような、大嵐の船にのっているような、それ程のすざましい揺れだったそうです。それにしても彼女の精神状態の方が心配・・多くの方がパニックを抱えています。ちょっとしたことで切れてしまう・・恐怖と不安と沢山の哀しみが積もっている表情・・丁度1週間前の同じ時刻の訪れたとき、、考えてしまいました。時計を元に戻して「いてはいけない場所」にいないように伝えることができたなら・・

f0120349_14322523.jpgささやかな応援を街でみかけることができます。無事だったレストランは窓に大きな文字を張り付け応援メッセージで御馴染みFuerza Mexico。 道端には椅子にリンゴが置いてあり「無料です」。ここに椅子まで持ってきて提供した方がいる・・ そして引き続き時間のとれる若者はヘルメットを被ってコラボレートの順番を待っています。ただ・・今週から大学も始まり、待合席にされているガレキを運び出すためのバケツだけが並んでいました。個人的には機会があればお話を伺いつつ、メキシコ鶴をお渡しする毎日。
f0120349_14332001.jpg

f0120349_14355788.jpg今日からサッカーの試合が始まりました。スポーツ番組のコメンテーター曰く、「日常に戻る元気をサッカーが届けてくれるはず」 警備などの配置が被災地のために必要なので、シティでは未だ試合は行われません。部屋に割れたままの「はちどりの看板」明日こそセメダインを買ってきて修復しよう。日々もとの日常へ向かっていくための1週間が始まりました。

佐野まりhttp://www.facebook.com/danzacharango
[PR]
# by marisano | 2017-09-26 14:22 | 想い